2011 World Hip Hop Championship D

7月31日ファイナルの朝、ハプニングが発生しました。

STARTEAM VARSITYの2名が発熱し、最後の練習を6人(通常8人)ですることに・・・・・ メンバーで話し合い、不安を打ち消すべく急遽6人バージョンに(立ち位置・振付・構成を)チェンジし、最悪の事態に備えました。

昼12時、会場のオーランズアリーナに移動、STARTEAM VARSITY発熱の2名もようやく体調が回復し、元の8人バージョンで踊ることに決定・・・・・やれやれ・・・・・ リハーサルを終え、ファイナル開始まで緊張の待ち時間、各チームが控室で調整を続ける中、STARTEAMは・・・・・  寝てる!!!

なんとも図太い神経、いや余裕?の彼らはその後も売店でポップコーンを食べたり、会場のオーランズアリーナを満喫、緊張していた自分がそれを見てリラックスしました。今、写真をあらためて見ても、決戦(ファイナル)前には見えない彼らの表情、将来、大物になるかもしれません。 そしてファイナル開始、5000人超(すごい数!)の観客が待つステージへ向かいました!

(写真をクリックすると拡大して見れます。)

2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship