2011 World Hip Hop Championship B

7月29日午前10時、ファイナル進出をかけ準決勝が始まりました。

Junior部門、過去優勝経験のあるFRESHH 2.0(カナダ)・LIL FUNK(アメリカ)が登場すると会場は一気にヒートアップし、ディフェンディングチャンピオンとして最後に登場したSTARTEAMは余裕を感じさせる演技で会場を盛り上げました。

Varsity部門、STARTEAM VARSITY・TYPHOON!は3回戦制を見越し、予選から曲を変えてのパフォーマンス、どちらも自信作を披露しました。

<準決勝結果>
Junior部門(7〜12歳)※13チーム中7チームがファイナル進出
 2位 STARTEAM
Varsity部門(13〜17歳)※26チーム中9チームがファイナル進出
 3位STARTEAM VARSITY
 18位TYPHOON!

STARTEAM・STARTEAM VARSITYは入賞圏内の順位で見事ファイナル進出、TYPHOON!は順位を落とし、残念ながら18位で準決勝敗退となりました。 激戦のAdult部門、ZETTON(京都)・FRY SIX B(東京)・SMOOTHIE(東京)もここで敗退、Adult部門でファイナル出場の難しさをあらためて知りました。

(写真をクリックすると拡大して見れます。)

2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship 2011 World Hip Hop Championship